強烈な足の臭いもケアでおさらば

小学生の時、スニーカーが真っ黒になるまで履いてました。雨の日にそのスニーカーを履いて家に帰ると、玄関に私の靴からの悪臭がたちこめ、すぐに新しいスニーカーを買ってもらったのを覚えています。社会人になり、足の臭いについて忘れてましたが、ロッカー室で着替えをすると周りの女の子達が、自分の洋服にスプレーをかけたり、消臭剤を中に入れていたりすごく気にしていました。

http://www.sugarbushgc.com/

そんな時、靴下を履き替えようと少し靴下を下げた時、自分の足が臭うことに気付きました。きっと周りの女の子達は私が臭いと思っていると思い、そこから毎回靴下の履き替えの時に足をよく拭いたり、靴が雨で濡れたら除湿剤をいれたりして臭いが発生しないように過ごしてました。しかしまだ臭いが気になっていたら先輩からピーリングがよいとききました。

足の裏の角質をとると臭いが減ると言われました。

最初は信じられなかったですが、足のピーリングに行ってみるとスタッフさんから角質に細菌が溜まるためそこから雑菌が繁殖していたり、爪の間にゴミがたまるとそこから臭いが発生すると言われました。ピーリング実施後、足の裏がつやつやになり、爪の間の汚れがなくなりました。それ以降、足の臭いが全く気にならなくなりました。雑菌の発生が臭いの原因であるとわかったため、今では角質かたまらないように足の裏もクリームをつけて乾燥して角質がたまらないようにしたり、爪を無駄に伸ばしすぎないようにしています。今後も足の臭いが発生しないようにフットケアを継続していきます。